バンド活動への第一歩!メンバーを探そう!

メンバーがいないことにはバンドとして形になりませんよね。
ですのでメンバーを探していきます。

方針を決めたらメンバー探し

メンバー探しはある程度方針を決めてから行います。
と言いますのも、メンバーを集めてから方針を決めると、方向性の違いやレベルの違いでグタグタしやすいからです。

  • こんな系統の曲をやりたいです
  • 今このパートが揃っています
  • ○月くらいにライブができるように活動したいです

最低限これくらいの情報を先に決めておくとスムーズに進みます。

逆の立場であっても、これくらいの情報がわかっている方が参加しやすいですよね。
「何も決めてないけどバンドメンバーになって」って言われても…ね?

仮の方針を決めておいて、メンバーを集めながら修正していくイメージです。

最初はコピーバンドでOK

最初はコピーバンドから始めましょう。
楽器をやり始めたばかりのときは、弾ける曲もそんなにありません。

V系のコピーバンドをやりたいと思いますが、結構難易度が高いです。
一人で練習するのは問題ありませんが、コピーバンドでやるのは難しいと思った方が良いです。

初心者向けに曲をまとめたバンドスコアが販売されていますので、それを参考に選曲すると良いでしょう。

全員がそれなりのレベルであればV系の曲でもアリですが、同期であったりキーボードが無いと物足りなさが出やすくなるので注意してください。

どこでメンバーを探せば良いの?

では最後はメンバーをどこで探すのかですね。
一番手っ取り早いのは、学校の軽音楽部です。

楽器ができる人もたくさんいますし、なにより時間がかかりません。
稀にV系が好きな人もいますのでオススメです。

次に楽器屋・スタジオです。
楽器屋によっては、メンバー募集の貼紙があります。
スタジオも同様ですね。

ですのでそこに自分も貼紙を貼らせてもらいましょう。
もちろん募集がかかっているところに自分が参加するのもアリです。

次にSNSです。
プロフィール欄にでもメンバーを募集していることを記載しておきましょう。

同じようにメンバーを探している人が連絡してくることがあります。

最後は友達の紹介です。
「知り合いにバンドしてる人がいて、メンバーを探している」
これ結構よくあります。

ですので「バンドやりたい。メンバー探している。」と周囲に言っておくのも一つの手段です。

最後に

最後に一言だけ。
別にメンバーを集めるからと言って、そのメンバーで一生やらないといけないわけではありません。

正式に活動しているバンドだって脱退ありますよね。

ですので最初は難しく考えず、とりあえずメンバー集めて活動してみる、気が合いそうなら続けてみよう程度でOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました