セッションライブに出演しよう!

セッションライブを見に行く

セッションは簡単に言えばコピーですね。
オリジナル曲でやる人もいますが、最近はその日限りのメンバーでやるコピーバンドの意味で使われています。

とりあえずセッションライブを見に行くことから始めましょう。
ライブハウスの日程を確認すれば、セッションライブが見つかるはずです。

大体バンド名が特徴的ですのですぐにわかるかと。

見に行くことで、
・セッションライブがどんな雰囲気なのか
・上手い人はいるか
・ライブハウスの場所
といった情報が得られます。

上手い人がいたら、SNSを探して声をかけるのもアリです。

SNSで声をかける

基本的にセッションのメンバーは、知り合いや紹介、SNSで探すことが多いです。

ライブハウスで声をかけるのは…結構邪魔になることがあるので避けた方が無難です。

お客さんがいない状態なら良いですが、物販の時間が限られているのに話しかけられたら売上を作るチャンスを奪っているのと同じです。

宣伝の投稿をしているはずですので、セッション名で検索すれば大体見つかります。

SNSのプロフィールを充実させる

自分のSNSのプロフィールを充実させておきましょう。
メッセージを送るにしても、バンドマンであることがわからないようなアカウントでは返信してもらえない可能性が高いです。

またSNSを充実させておけば、セッションライブの誘いが来るかもしれません。

それはセッションメンバーの募集であったり、イベンターからのライブ参加の誘いが来ることも。

ですのでSNSのプロフィールは早い段階で作り込んでおきたいですね。
「ライブのお誘いお待ちしております」など記載しておくと良いです。

セッションライブに出演する

セッションはバンドマンの知り合いが増えれば誘われることが多くなります。
ですので知り合いを増やしていくことがセッションライブ出演への近道でもあります。

出演には3000円×10枚などのノルマがあります。
最初のうちはお客さんを呼べずにマイナスになりやすいですが、知り合いを増やす先行投資として頑張りましょう。

ライブをすればSNSに投稿する画像であったりスケジュールであったり、投稿用のネタが増えていきます。

その過程で少しずつ自分のお客さんを増やしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました